ペンタクルの銃

感じたことをたまに書くところ

金貨と悪魔

最近の日本の根底にあるのって、今を維持する引き換えに未来・魂を売り渡す。よくある悪魔との取引をしてる感じなのかなあ。
 
今を守るにしても日本国・日本人そのものを守るのであれば納得するる。そうではなくて一握り、一部の人間を守るために他の全てを犠牲しようとしている。みんな無意識にそう感じてるのではないかな。
だから日本には未来がないと思うようになってゆく。
 
でも本当にそうなのか? 
未来はまだ決定してない。
選択の自由はいまだ無限にある。
けど選択することを阻むものがいる。
それが悪魔と契約した人たちといもいえるかもね。

 

ここから数年は今後の社会を決める大変換点にきっとなる。
どうせなら良い方に変革できたほうがいいけど。
それを望むのは変えられる確率が高い人たちの役目なのだよな。
時間がある・若い子たち。
彼からが望まない限り、定められた契約のまま進むのだろう。
その先にあるのは契約の対価を支払うこと。
本当にそれでいいのかなあ。
 
金貨に価値を与えたのは悪魔ではなくて人だけど
いったいどちらが悪魔なのだろうな

 

全ては一に戻らない

あらゆるものがいつか一に戻るのなら。
そこにある差自体たいしたものではない。
けれどあらゆるもの全てにそれぞれ形がある。
だから生まれた差を無視して無理やり一にはできない。

だったらなんで形があるのかを考えたほうがきっと良い。
例えば、今は過去・記憶が積み重なったものだと考える。
そうするとその組み合わせが一つの形になる。

そこにある形の原型にあるのはその場所や空間に存在してきたもの。
具体的にいうなら有機物であれば遺伝子の組み合わせだろうし、無機物なら地球の意志ともいえる。


例えば、ある地区や国で争いが絶えないことはよくあるはず。
それはそこに住む人々個体の意志というより、根底にある培ってきた形が争うように仕向けている。
その何かが実際何なのかは自分は分からないけど、どのような形であれ情報ではあるはず。

誰しも自分が感じている感情は自分自身のものだと信じているはず。
でもそれは自分の意志ではない事がすごく多い。
今の世の中は自分自身というのは何なのか? それを考えることは必要とされていないからね。
この問いは自己存在の確認ではないので、自分が何なのかを考えても分からない。
どっちかというと世界が何なのかを考えたほうが近いかも。

 

もし戦争が起きるのなら、それはそれぞれの国に蓄積されてきた感情・記憶の結果だろう。

国というのはそこに住む人の集合体だから。
その時のトップはだいたい選ばれた象徴でそれぞれの国にそうなる問題が確実にある。
その問題を変えようとしなかった場合、戦争になる。

これは個人でも同じだと思う。
人が怒るのは誰かに怒ってるというより、自分の中に生まれた相手に怒りをぶつけてる。
今、戦争をしたいという人たちは問題の根底を変革したい。
そういう大きな不満があるんだけど自分の手では変えたくない。
そう暗に言ってるのと同じかもね。

 

これが大きくなると本当に戦争が起きてしまうから、その前に変えたほうが良いと思うのだけど。

どういう行動をすればいいかは……一般市民だからよく分からないのであった。

反Euphoria

 

時間という設定の中で唯一存在するのは今。
その中で今を見ることを選択することで全てを受け入れ、

いずれ幸せになることができる。

それは上位の存在意思を受け入れて流れに乗って充足すること。

上位存在というのは宇宙意志、神、法則、観察者、量子、自然なんでもいい。

認識している枠の外にある物。人の力では完全に制御できない何か。
よく言われてるスピリチュアルは上位存在の意思に従うことで幸せになろう。

ということだったりもする。
その善悪、良し悪し、有無はここでは語らない。
なぜ幸せになれるのか? 知りたいのなら接触を実践してみるのが一番分かりやすいと思う。

自分は人が知性を持った、持たされたのは?
上位に対して挑戦するためだと昔からどこかで思っていたりもする。宇宙の意志のようなものはある。神と称するならそのような存在も確かに居るとは感じる。
よく彼らが提示するものは、全てが幸せになる平穏で満たされた世界。ノイズの生まれない場所だったりする。
でも本当にそれが幸せなのかを知りたい、だからあえて反抗している気もする。

 例えばスピリチュアルという名の精神性を求めているのに、現世的な幸せを求めることが目的なのは矛盾してないの?
誰もそのあたりはあまり指摘しない。
悟りたいなら全てを捨てればいい、その時に手に入った答えこそ、その人自身の答えなのだから。
なので上位存在と言われる何かもけっこう俗物が多いのかもしれない。

って、現世的利益が悪いというわけではないよ。
最近、妙に上位存在を肯定する人が増えたのがちょっと不思議だったりする。
西洋占星術的にいうなら海王星うお座のサイン、定座にいるからで説明できるかもしれない。
海王星自体、夢と幻想、同時に嘘と欺瞞の星でもある。
海王星がもたらすものは確かに安らぎ癒しを与えるが麻薬のような側面もある。
妖精が楽園に人々に誘う、その楽園自体は幻影で荒れ地。
けれど楽園だと信じている人たちは信じている限りユーフォリア

幸せの中にずっといる。
幻が消えるまでずっとそれは続き、幻だと気づいた時、たいてい手遅れだったりする。
その海王星の見せる幻想を清算する星が冥王星
なので冥王星のやる事・破壊力はいちいち強烈になる。
っと星占いコーナーではなかった。

きっと次の時代に来る物は与えられる与えられた楽園。

それにたいしてどう考えるかのような気がする。
既存の宗教は近いうちに一度否定されるはず。
その時、現実的な法則、経済原則も同様に何か起きるかもしれない。
豊かさ富とは何なのか? パラダイムシフトが起きるかどうか。
起きれば楽園への入口を自分たちで開くことできるのかもね。

 選択する意志は自らにあって幸せは与えられるだけではない。
だから、反Euphoria
あえて流れに逆らうのそれはそれで運命・可能性の一つだから。

 

時間は過去・現在・未来がある。
そう言われるのだけど、実際あるのは現在だけだと思う。

未来は可能性の範囲内で行動を繰り返した後に残る結果、ある意で味過去。過去は未来が決まった瞬間残るものなのである意味で未来。
と、何を言ってるのか良くわからない言葉遊びだけど。
ここで鍵になるのが、現在・今。

今は連続している時間の中で唯一確実に存在している。
過去と未来は現在が記憶している一種の夢・幻想に近いものと言える。
なぜなら今がなければ過去も未来もない、けれどたいていの場合
その夢・幻想である過去と未来に人は何かを求めて進んでいる。
それこそが欲というか人の望み・生きるということだから、
仮に今自分の望むものが全て手に入ったとする。
欲しいものが手に入ったのだから楽しいはずだけど、

きっとすぐ楽しくなくなる。
それは命というのは増えること・変化することを求めているから。

それと過去・現在・未来と何の関係があるの?
過去と未来に思いを馳せるのは、知性という物を手に入れた人の宿命・鎖のようなものじゃない。
そう言いたいのかもしれない。
じゃ、現在ってなんぞや? ううん? 答えてみろや?

あはは、えへへー

と、とりあえず、浮かんだものをつらつらと書いただけ。
そのうちにまとめる……事があれば良いと思う水曜日でした。

可能性

全ての事象には成功する可能性が必ずあって、

達すること誰にでもできる。

でもその可能性が0.05%の確率で成功する場合。
2000回やって1回成功するかも? なのだよね。
ということは確率を上げることのほうが大事だったりする。

 

努力した結果、確率が上がって1%になった。

それでも100回に1回くらい成功する程度ともいえる。
だったら確率25%で成功することを探したほうが早くない? 

4回に1回くらいで当たる。


そこからは本人の考え方ともいえる。
叶わないことが幸せだと感じ人。
難易度が高いことを叶えることに幸せを感じる人。
自らの運に賭ける人。
安定して実現することを選ぶ人。
何も考えないで流れに決めてもらう人。


可能性ってその考え方の事を言うと思うのだよね。
可能性は無限大だよ、本当に。
無限からどの程度のリスクを取るかは本人の選択でもある。
運命は可能性の範囲を自らの意思で選択することかもしれない。

よく言われる。

やりたいことがあるならやったほうが良いというのは

行動しなければ誰も賽は投げられない。
それだけのことかもね。

 

失敗すること

失敗を恐れるな! 失敗してこそ成功がある。
あたりはよく言われる。
他人には自分もそうよく言ってきた。
でもさ何を言われようと失敗するの嫌。すごく嫌。嫌じゃない?

 とはいえ失敗するのが嫌なのかを考えてみたことはあまりない。
誰かがいて自分が失敗するあたりを普通は想像するはず。
そこにあるのは失敗したことをマイナスとして評価された。
になるだろう。

これは当たり前のこと、それ以上でもそれ以下でもない。。
だからもっと根底あるものをさがしてみる。

自分の中にある価値基準を満たせなかったこと? 
そのあたりにあるような気がする。
例えば、周りに誰もいないのに失敗したことで落ち込むこともある。
笑う人もいない、自分の中にある何かに笑われたといことだろうか?

 つまり失敗とは何なんだろう。
事細かく書けば色々ある。それを説明した文章もたくさんある。

自分なりの言葉で上手く言うのは難しい。
ただそれは自分の中にある過去の記憶、無意識で触れることのような気もする。
そのさい浮かぶの失敗した時に感じていた感情の記憶だ。
当然、良い気持ちではない、なぜなら失敗した思い起こされるものの大半は負の感情だから。
仮に失敗することで正の感情を思い出す人がいたとする。
その人にとって何かを失敗するということは気分が良いことになる。
きっと自ら失敗することを目指していくはず、それはそれで面白い人? 

 ここまでは成功することを抜いて話している。
成功した場合はたいてい正の感情がくっついてくるものだ。
この関係について追求していくなら

「失敗を恐れるな」

ということは、リスクを取るのは恐れるな。
そこのあたりに通じる。

転じて失敗を恐れる人は行動するさいのリスクを自分の責任で背負いたくないということにきっとなるだろう。
そう考えると失敗すること自体、実は大した事ではない気もする。
リスクを負って行動した結果なのだから、そこを評価することが大事なんじゃないかな。

Neff欠ける

通帳をATMに置き忘れてきた。
だいたい半年に一回くらいは忘れているような気がする。
忘れてくるのは夏と冬に入りかける頃が多い。
季節の変わり目になるとぼんやりするか風邪をひいているのでそのせいもある。
銀行は普段お金を扱っている関係もあって窓口の人と顔馴染み? のようなものなので
連絡を受けてすぐに取りに戻ったので何事もなかった。

 

自分はドジかというとたぶんそうだ。
というより抜けている。
ようするにダメな人間なのだ。

それでいいのかというと、社会的にどうかは別だけどよい。
だいたい自分がシビアになるとものすごく険が出る。
判断する振り子のものさしが0か1かにすぐになる。
結果、遊びがなくなってだいたい暴発する。
暴発すると周囲を巻き込んで崩壊する、それで変化することも多い反面、精神がすごく疲れるので、よほどのことがないとぼんやりしようと想っている。

 

これから寒くなってくると起きているが寝ている状態がどんどん多くなっていくだろう。
日々日常、意識が寝ふ欠ける。
こういうだめな大人にならないように、良い子のみんなはきちんと勉強して社会生活を送ってほしいものだ。