夏と星

感じたことをたまに書くところ

考えること

 はたしてNintendo Switchを今買おうとすることは無意味なのか?
 ……それは関係ない。

 

「はたして考えることは無意味なのか?」

 
 現実世界で存在している意味にはフレームがある。
 フレームとは従うことによって存在してる法則・ルールのようなもの。

 けれどそのフレームの意味について考えるとなぜかフレームの存在・意味を失ってしまう。
 
 前回までの話をまとめるとそんな感じ。
 補足だけど重要なことをもう一個。 
 
 もし考える事がフレーム、ルールから外れる事なら現実というルールから外れることもできるはず。
  
 これはできること、できないことがある。
  
 この世界で定められたルール・フレームに従わない、そのために自らの意思で新たなルール・フレームを創ることはできる。

 けれど根源的なフレーム。
 簡単にいうと生物として与えられたフレームはこの世界に居る限り超越することはできない。
 なぜか? これは全ての根幹のフレームとして定められているから。このことからフレームには次元・段階・階層があるということがなんとなく分かる。


 自分は哲学を勉強したことはないので、哲学が何なのかよくわからないのだけど。
 哲学の基本は定まったフレームと確定していないフレームの間に立つことなのではないかな。
 科学的にいうなら量子の揺らぎを観測するでもいいかもしれない。
 存在が確定するためには存在を定める何かが必要になるから定める法則が必ず存在する。
 その法則を発見し意味を規定することが科学だと思う。
 結果、法則が生まれた場合、その意味・存在は過去となる。
 過去というよりフレームが固定化して存在が生まれるといったほうがいいかもしれない。

 だからこの世界に存在するあらゆるものは意味が生まれた時点で過去となっている。
 当たり前じゃない? 当たり前のことを話しているだけだと思う。
 でもなぜ当たり前なのかはフレームとして存在しルールに従っているからではないだろうか。

 

 ここまでの話と考える事? それと何の関係があるの?
 
 結論から言うと過去では無い状態になる。
 それが考えることだったりする。

 

 一応、例のようなものを……。

 これからどこかに旅行しにいくとする。
 目的地が決まり、その場所までのルートはいくつかあってそれぞれ利点と欠点がある。
 だからどのルートを取るのか考える。
 そして考えた結果、行くルートを決めて目的地に向かい目的地についた。
 

 上の行動は
 
 「目的地につくためにどの手段をとるか決め、出発して到着した」
 
 になる。その中で自分の意志で完全に自由なのは目的地にどの方法で行くかを考えることだけだったりする。
 なぜなら他の要素はすでに存在しているから。
 場所・方法を達成する手段、その存在は最初からある。 
 これらは自分の意思で変えることはできない。
 そのため全てが過去にある。
 
 方法が気に入らないし旅行自体面倒だから、旅行にいかないという選択もあるのでは? 
 その場合、意味・存在自体が失われるか変化する。
 
 だったら存在していない方法でいくこともできるんじゃない?
 存在していない方法はこの世界に実態がないので使うことができない。
 例えば、謎の方法トリップで目的地にいくと決めたする。
 トリップというフレームは確かにその瞬間生まれるので意味を持つ、けれどその実態は定まっていない。
 なぜか? それは今考えた結果生まれたフレームだから。
 このことから、この世界にフレームを固定化するためには条件が必要ということになる。そしてトリップは考えた結果生まれた意味なので、考えることは過去から外れる作業という確認にもなる。
 
 何も考えないで適当に・ランダムで決めることもあるのではない?
 その場合、既存のフレームを元に自動思考で選択、判断して従っている。 
 オートパイロット状態のようなものかな。
 サイコロで決める? ランダムは乱数というフレームの下にある。
 他に無意識という呼び方もしてよいのだけど、意識が何なのかを決めないと駄目なのとりあえずパス。
 一定の条件に沿った何かを選び、判断に自分の思考を交えないで決定する時はだいたい既存のフレーム・ルールに従っている。 
 そしてそのフレームが何なのかは環境に依存しているので個体ごとに違う。 

 
 書いてる本人も分かるようで分からない、そのうち分かる気もする。考えた結果、浮かんだことを書いているだけなのだ。

 
 感覚的にいうなら、今、感じていること全ては過去に存在してる。
 そして何かを考えて選ぼうとしている時は現在になっている。
 じゃあ未来はどこにあるの? というか未来って何なの?
 
 未来は……って長くなったのでまた今度。