ペンタクルの銃

感じたことをたまに書くところ

たいていのものは対になっていてバワーが強い方に引き寄せられる。
白と黒、善と悪、強さと弱さ、男と女、なんでもいい。
この二つはお互い反発しているように見える。というか実際反発してる。
けど見え方や感じ方がちがうだけで中身は同じな気がする。

なんで二つなのかは世界をつくった人に聞かないと分からない。
きっとちょうど良かった。そんな理由だと自分は思う、テキトーだけど。
だから二つであることから逃れようとすることは、根源的なルールに対する挑戦ともいえる。
コトワリに対する知性による挑戦! のほうがかっこいいね。

ルールは世界を維持するためにあるので、あえて反する人は反逆者の気質をもってる人たちともいえる。
いちばん身近なのはたぶん性差かな。
なぜ反する人たちがいるかというと、ルールを維持するための仕組みだからだと自分は思っている。
もし、本当に対であることから逃れる時が来たなら、対の全てが一になる。
男女なら男女という存在の差が全部失われ、全てが一つになる。
当分それは先だと思う。

というよりこないかもね、ルール違反だから。